事業内容

PPF施工

プロテクションフィルム(PPF)施工

プロテクションフィルムは高速道路での飛び石防止だけでは無く日々の生活キズからお車のボディを守ります。
よって愛車を常にキズのない美しい新車の塗装を保つことが可能です。

しかし近年施工業者さんが増加している中でキズを防ぐためのPPF施工のはずが経験の少ない施工業者様によりカッターキズが入ってしまう危険な作業でもあります。当社ではプレカットデータを使用するのはもちろんですが、プレカットデータを使用しても尚、カッターを全く使用しない施工はございませんのでお車にキズを入れないカッター技術(ハーフカット)を徹底しております。

ラッピングフィルム(WRP)施工

カーラッピングはボディにフィルムを貼るという点ではプロテクションフィルム(PPF)と似たように感じますが、全く別の商品です。PPFはお車のオリジナル塗装を守るのに対してカーラッピング(WRP)はオリジナル塗装から色味そのものを変えるフィルム施工です。
そのため各フィルムメーカーにより特性や耐久性まで変わります。当社ではお客様と細かい打ち合わせの中で需要に合ったフィルムメーカーをご紹介し責任をもって完成度のより高い作業させていただきます。


フロントガラスプロテクション(Pshield)施工

フロントガラスプロテクションは名前の通りフロントガラスに貼る専用のプロテクションフィルムです。
ボディと同じもしくはそれ以上
飛び石が当たりやすい上ガラスにヒビが入ると車検が通らないのでガラス補修や交換などのリスクもあります。

その為フロントガラスプロテクションは車を大切に乗る上では必要な商品です。
また保護性能も高く視界が妨げられる事も無い快適なシールドフィルムです。


ボディコーティング施工

ボディコーティングは今では車を美しく保つ常識になっておりますが、通常のコーティングとは異なりフィルム施工後のプロテクションフィルムやカーラッピングの上から施工することのできるコーティング剤を使用しております。これにより更に質の高いフィルム施工車両が完成します。(※艶消しフィルムにも施工可能)
もちろんプロテクションフィルムやカーラッピングを施工しない車両の通常のボディーコートも承っております。